ニュース

日本のアニメ・イラスト技術をカンボジアへ。アクアスター社内勉強会「シェアノバ」~イラストを通じた次世代育成プロジェクト~独立行政法人国際交流基金プノンペン連絡事務所2名をゲストに迎え7月23日開催

2024/07/10

企業のマーケティング課題を、デジタルクリエイティブで解決を行う株式会社アクアスター(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:原田 弘良、以下 当社)は、2024723()17時より社内勉強会「シェアノバ Vol.42」を開催します。今回の勉強会では、独立行政法人国際交流基金プノンペン連絡事務所から2名のゲストスピーカーをお迎えし、「イラストを通じた日本カンボジアの文化交流」をテーマにお話しいただきます。

▼7月シェアノバ概要
・開催日時:2024年7月23日(火)17:0018:30(開場16:30
・会場:株式会社アクアスター本社 東京都中央区築地1-13-1銀座松竹スクエア7F
・プノンペンと東銀座の本社をオンラインで繋ぐハイブリッド形式
・ゲストスピーカー
田中 春輝 氏 独立行政法人国際交流基金プノンペン連絡事務所 副所長
足利 水月 氏 独立行政法人国際交流基金 調整委員

・テーマ

次世代につなげる国際交流~イラストを通じた日本カンボジアの文化交流について~

7月「シェアノバ」テーマの狙い

・カンボジアにおける日本のアニメ人気
カンボジアでは日本のアニメが非常に人気であり、アニメやイラストレーターを目指す若者が増加しています。

・技術交流会の実施
この背景から、20236月には当社とカンボジア現地のイラストレーターを対象とした技術交流会が開催されました(独立行政法人国際交流基金主催)。

・包括的な人的交流事業の開始
2024年からは、日本とASEANの次世代の交流促進と人材育成を目的とする包括的な人的交流事業「次世代共創パートナーシップ-文化のWA2.0-」が始まります。

今回のシェアノバでは、こうした取り組みを背景に、次世代につなげる国際交流の可能性や課題についてゲストよりお話していただき、イラストを通じた日本とカンボジアの文化交流の意義を深掘りします。参加する社員においては、文化交流の新たな形について考える機会となることを期待しております。また、社員が得た知見やインスピレーションを今後のプロジェクトや業務に活かし、企業が国際的な展開やクリエイティブ活動のきっかけづくりとなることを目指しています。

■シェアノバとは
当社の人材育成プロジェクトの一環で2021年より開催し、20247月で42回目を迎えます。当初は社員が日々どのような事に注力して成果を残したのか、また失敗談なども忌憚なく話せる場として社員が成長する場として機能していました。

20245月に開催40回目の節目を迎え、社外講師を招いた勉強会へと路線変更。異業種で活躍する「人」が心がけている話や異業種のビジネス潮流などを学ぶ場とし、さらなる社員の成長をバックアップしていく予定です。

6月シェアノバ開催風景と社員の声
626日(水)に第41回シェアノバが開催されました。今回のシェアノバでは M&Aキャピタルパートナーズ株式会社 執行役員前川勇慈 氏にご講演いただきました。前川氏は「M&Aから見える今後の日本社会」をテーマに、今後の日本にM&Aが不可欠な理由についてお話されました。社員からは、日本の社会構造が抱える課題について、多くの学びが得られたと好評でした。

2024年5月に移転した新オフィスの共有スペースを学びの場として活用

41回シェアノバ(社内勉強会)の風景

▲アクアスター取締役佐藤とトークセッション方式で進む

CHECK INタイムはグループごとに話し合いの時間が毎回設けられる。役職・事業部不問で自分の考えを話し合う時間となっている。

▲登壇者と参加者の敷居をあえて低くしている。写真は、参加者が登壇者へ質問しているシーン。業務外の分野に関する質問も積極的に行うことで、新たな学びと視点を得てもらうことが目的です。

【参加した社員の感想】

・自分自身さらに経済や日本社会の構造・動向についての基本的な知識をつけていかなければこれから先のビジネスパーソンとしては全く役に立たないということを痛感いたしました。基本的なM&Aの構造理解もそうですが講師の前川様の視点や仕事における考え方を含めとても学びになりました。

・普段ニュースで断片的に聞く日本や世界の情勢について、過去の経緯から全体像でお話しいただき、とてもわかりやすく理解することができました。また、なぜM&Aが必要なのかを知ることができました。

・これまでM&Aなどの企業再編については、遠い未来の話や自分には直接関係ないことと思っていました。しかし、その社会的意義や背景を理解することで、今後起こり得ることとして実感できるようになりました。

  • 株式会社アクアスターについて

1991年の創業からビジュアル制作をメインとし、広告での絵コンテやイラストに関わってきました。2020年以降はアニメやゲームなどの版権イラスト企業からの依頼を多く手がけつつ、WEBページやSNSマーケティング、VR空間の設計といったデジタル関連のサービスを手がけています。

企業が抱えている課題をビジュアルの力で解決するプロモーションの提案も出しており、『文章だけでは伝わりづらい複雑な事象や概念的な事象を、誰にでもわかりやすく、魅力的に伝えること』を強みに企業や自治体様から年間5,000件ほどの案件に携わっています。

イラスト制作を中心として、ビジュアル面でアニメやゲームなどさまざまなコンテンツに関わることで、ユーザーに「明日を生きる力」を与えることを目指しています。

名称:株式会社アクアスター
所在地:東京本社 〒104-0045 東京都中央区築地1-13-1銀座松竹スクエア7F
関西支社 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-22−4肥後橋イシカワビル702
代表者:代表取締役社長 原田弘良
設立年月日:19911114
公式webサイト:https://aqua-star.co.jp/

実績:NTTドコモ ワンナンバーサービスプロモーション
シオノギヘルスケア『第23JAPANドラッグストアショー』
イベントブース企画‐施工・コンテンツ制作
そのほかの制作事例:https://aqua-star.co.jp/works/ 

▼本件に関するお問い合わせ・取材申し込み先
株式会社アクアスター 広報担当:神谷
090-3710-0118
 (広報直通)
E-mailpr_info@aqua-star.co.jp

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511