イラストピック

主催者も参加者もメリット大! コロナ禍でも開催可能なバーチャル展示会とは?

2021/09/16

以前『リアルイベントよりも高い効力を発揮する! ブラウザバーチャルイベントシステムのご紹介』(https://www.aqua-web.co.jp/blog/virtual-event-system/)でブラウザバーチャルイベントシステムについてご紹介させていただきました。
今回は、そのイベントシステムを使用したバーチャル展示会をご紹介させていただきます。

バーチャル展示会とは?

バーチャル展示会とは、オンライン上のバーチャル空間で開催される展示会のことを指します。リアルで行われる展示会とは異なり、時間や場所、天候の影響がなく、24時間の開催が可能で多くのユーザーの参加が見込まれます。また、ウォークスルー型のCG空間システムを使用したバーチャル展示会では、ユーザーが自由に回遊できるので、実際に展示会に参加しているような特別な体験を提供できます。

こういった特徴から、コロナ禍でオンラインサービスの需要と比例して、非接触で開催できるバーチャル展示会やオンラインイベントの需要も増加しています。
緊急事態宣言家で利用したサービス
総務省 コロナ禍で拡大したデジタル活用
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/pdf/n2100000.pdf

バーチャル展示会のメリット

① リアルイベントに来場できないユーザーからの来場が可能

リアルなイベントと異なり、ユーザーは24時間好きな場所から、好きな時間帯に参加ができます。そのため、全国にいる幅広い年代層のユーザーの参加が叶います。
多くのバーチャル展示会では、スマートフォン・PC・タブレット端末などユーザーが持っているデバイスで体験できることから、アクセスされやすい仕様になっています。

② マーケティングに活用できる顧客情報の取得

バーチャル展示会では、入場時のアンケートなどからユーザーの属性情報を取得し、そのユーザーがどの商品をみたか、どのコンテンツを実施したか、などの行動ログと顧客情報の蓄積が可能です。これらはその後のアプローチや分析にも活用できる貴重なマーケティングデータになります。
実際に開催されたバーチャルイベントでは、LIVE配信やスタンプラリーなどの付加価値をつけることで1社1000件を超えるサンプル収集に成功しました。

③ 商品メリットの理解促進に有効

バーチャル空間での開催のため、リアルではできない幅広い表現ができます。商品紹介の動画や、商品内部を見ることができるARを使った分解コンテンツなど、様々な魅せ方を導入することでユーザーの理解を深めることが可能です。
バーチャル展示会の実施効果と特徴

まとめ

バーチャル展示会では、全国にいる幅広いユーザーが24時間好きな時間好きな場所で参加することが可能となります。また、顧客データを取得しつつバーチャル空間ならではのコンテンツを導入し理解促進に繋げることができます。
アクアでは、9月6日(月)~10月6日(水)の期間、デジタルコミュニケーションバーチャル展示会をオフライン・オンライン同時開催しています。昨年開催した際は1000人以上の方にご参加いただきました!ウィズコロナで成功するために必要なデジタルプロモーションの最新事例やソリューションを多数ご紹介予定ですので、是非お越しください。

イベント概要

       

Topics:お知らせ

       
アクア広報
written by アクア広報
   
   

Recommend

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511