あなたはすべて知っていますか?現場で使われている基礎用語集【ゲームイラスト編】 | 株式会社AQUASTAR

イラストピック

あなたはすべて知っていますか?現場で使われている基礎用語集【ゲームイラスト編】

2022/03/30

あなたはすべて知っていますか?現場で使われている基礎用語集【ゲームイラスト編】

前回、広告業界の基礎知識としてアクアスターの創業当初からメイン事業として制作している「絵コンテ」や「カンプ」を中心によく使用される用語についてご紹介しました。
アクアスターでは、コンテ制作現場で培ったタッチ合わせの技術を用いて、版権IPやゲームイラスト制作も行っております。
今回は、ゲームイラストを制作する際に頻出する用語をご紹介させていただきます!

ゲーム会社の種類

まず、ゲーム会社は大きくパブリッシャーとデベロッパーの2つに分けることができます。

パブリッシャー:ゲームタイトルの企画・宣伝・販売・リリースを行っている会社
デベロッパー:主に開発を中心に行う会社でパブリッシャーからの依頼で制作を行っている会社

ゲームを制作する際には、多くの工程があり、専門的な知識を持った担当者がそれぞれの業務を同時進行で行います。その中でも製作を行う部分と、宣伝・販売の部分は必要なスキルが異なるため、開発とその他部分を分けることで効率良くリリースまでスピード感持って対応しています。しかしその結果、広報や販促周りを主に担当しているパブリッシャーの方が一般的な知名度が高い企業が多くなっているという現状もあります。

ゲームイラスト用語

立ち絵

主にゲームの会話パートなどで使用されるグラフィックのことを指します。
背景はなく基本はポーズも複雑ではないものがほとんどで、喜怒哀楽などの表情差分や衣装変更ポーズ変更の制作も同時に行われることが多いです。

スチルイラスト

スチルイラストとは、背景つきの一枚絵のことを指します。スチルイラストのスチルは、英語のstill(静止)から来ていると言われています。
場面写として使用されるため、キャラの動きや見え方などより良い構図が求められます。

カードイラスト

カードイラストとは、スマートフォン等でプレイすることができるソーシャルゲームでよくみられるカード風のイラストのことを指します。
R・SR・SSRなどのレアリティが設定され、レアリティごとにエフェクトなどで差別化されています。最高レアリティのカードは、スチルイラストの一部をそのままカードとして起用されていることが多いです。

背景

ゲーム内で使用される街並みなどの画像のことを指します。
現実の街並みだけでなく森やお城などのゲームの世界感ならではの背景も多くみられます。
昨今は背景にも高いクオリティーが求められる為、立体感を表現するため、パース(パースペクティブ)と呼ばれるイラストの遠近感がおかしくないかなど細かくチェックが行われています。

SDイラスト

SDとはスーパーデフォルメの略称で、等身の高いキャラではなく2~4等身に縮めたキャラクターのことを指します。
主にコラボカフェなどをはじめとしたグッズ展開などで見られることが多く、かわいい印象のものが多い傾向があります。

Spine

spineとは特に2D アニメーションゲームに焦点を合わせたアニメーションツールです。イラストにボーンと呼ばれる骨組みを入れることで動きを作ることができるソフトになります。
Spineアニメーションは少数のアートセットしか必要としないため、コストと時間を少なくすることができたり、アニメーションの品質を損なうことなくスローモーションの再生可能となっています。

Live2D

絵そのものを繊細に、立体的に動かせる、日本製のアニメーションツールです。Spineよりも滑らかな動きを付けやすいのが特徴です。
表情差分のアニメを数パターン欲しい場合・髪のなびきやまばたきなど、微細な表現をしたい場合・パペットアニメーション制作時に使用されることが多くみられます。

制作の際に使用される資料について

レギュレーション

イラストを制作する際の全体のガイドライン資料のことを指します。主に、各工程での提出レベルの設定・納品データのレイヤー構成の仕方などのルールが設定されています。そのため、レギュレーションは、作品によって内容が異なっています。
レギュレーションの内容がしっかりと決められていればいるほど、ガイドラインによって制作物のクオリティーにばらつきが生じにくくなります。

指示書

制作物の内容が記載されている資料のことです。
レギュレーションと違い、主に依頼されたカードやスチルイラストのシチュエーションなどが記載されています。制作現場では、この指示書を中心に制作が行われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、ゲームイラスト現場でよく聞く基礎用語をご紹介しました。近年、多くのスマートフォンゲームがリリースされ、ゲームをプレイする人も多くなってきているため、前回のコンテ・カンプ編と比べると何となく知っている用語が多かったのではないでしょうか?
アクアスターでは、こうしたゲームイラストのほか、ゲーム内UIのデザイン・サイト制作・ゲーム内アニメーション・3DCG制作なども手掛けています。
新しいゲームを作成する際のキャラクターデザインやUIデザインを頼みたい、ゲーム内アニメーションを頼みたい、社内リソースが足りない!といったお悩みはぜひ1度アクアスターへご相談ください。

【関連ブログ】




Topics:イラスト制作,ゲームイラスト

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511