クリエイティブ

アクア技術ブログvol.8 「迫力増大!キャラクター構図テクニック」

2021/09/09

こんにちは。社内イラストレーターの木村です。
入社10年目のイラストレーターで主にゲームイラストや版権イラスト制作を担当しています。

今回はスチル制作の一番初めの工程となる構図ラフ(レイアウトラフ)作画のご紹介です。
いかに迫力のあるイラストを作るか、アクアのイラストレーターがどのように考え手を動かしているかを要点に沿ってご紹介いたします。是非ご覧ください!

イラストとして大事なポイントとは

社内チェック前の構図ラフ
こちらに社内チェック前の構図ラフがあります。迫力が無く散漫でとてもイマイチな状態のため、このままの構図で仕上げても良いスチルになりそうにありません。

このスチルの場合…
『カメラ側に手を伸ばしてきている臨場感、キャラが迫ってくるような迫力』が大事なポイントです。現時点では画角に対してキャラがこじんまりと配置され、手元が迫ってくるような臨場感が出ていない部分が気になります。

①調整点を明確にする

まず、調整するべき点を整理します。今回ですと下記の5点をピックアップしました。

  • カメラをキャラに近づけパースを強める
  • カメラを傾け画面全体に動きを出す
  • 主役となる手の演技
  • レンズ感
  • シルエット

次の詳細ラフ工程でキャラシルエットなどに大きな影響を出さないために、キャラ比率やデッサンもこの段階である程度整える必要があります。現時点だと重心が後ろにかかり倒れそうに見えるので、違和感がないように調整していきます。

②必要資料を集める

調整するべき点も明確になったのでサクサクと調整を進めたいところですが、ここで作画が難しいと思われる下記の2つの資料を集めます。

  • ポーズ資料

手・ポーズ資料
3D資料でも良いですが実際には踵に臀部が乗りますし、関節の動きに限界があるため実際に写真を撮影し資料とすることが多いです。

キャラを整えた下絵↑キャラを整えたもの

キャラが画面に大きく入り、手に演技が付いて雰囲気も出てきました!
また、紐のなびきもS字に調整し、シルエットにリズム感も追加されています。

③最終調整

キャラクターが整ってきたので、キャラが一番目立つよう背景も調整していきます。
背景の調整点は次の2点。

  • カメラを傾ける
  • レンズ感

カメラを傾ける・魚眼レンズ感を出した下絵
カメラが傾くことにより画面全体に動きがでてきました。更に魚眼レンズのようにパースを歪め、キャラに目線がフォーカスされるよう調整していきます。

④完成

パース線に沿って背景を微調整し、手前奥にグラデーションをかけた下絵
最後にパース線に沿って背景を微調整し、手前奥にグラデーションをかけ空間を出して完成です!

まとめ

調整前・調整後のイラスト構図ラフ比較
いかがでしたか?初稿に比べかなり迫力が増したかと思います。
今回はイラストの構図ラフ制作をテーマに調整の流れをご紹介させて頂きました。

  1. 調整点を明確にする
  2. 必要資料を集める
  3. キャラクター→背景の順番で調整する
  4. パースに沿って最終調整を行う

ユーザーやイラストを見る方に楽しんでもらえるイラストを提供すべく、社内制作部も日々邁進しております!何かお力になれることがあればお気軽にご相談ください。

アクア技術ブログを引き続きよろしくお願い致します!

▼お問い合わせはこちらから
https://www.aqua-star.co.jp/contact/

       

Topics:イラスト制作,インタビュー

       
アクア広報
written by アクア広報
   
   

Recommend

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511