イラストピック

参加者の離脱率を下げる! バーチャル展示会の満足度をあげるコンテンツとは

2021/09/22

前回、『主催者も参加者もメリット大! コロナ禍でも開催可能なバーチャル展示会 とは?』(URL:https://www.aqua-star.co.jp/blog/digital_communication_exhibition/)でバーチャル展示会についてご紹介をさせていただきました。今回は、そのバーチャル展示会と組み合わせることが可能なコンテンツをピックアップしてご紹介いたします。

バーチャル展示会は、どこからでも24時間来場できることが魅力の一つですが、リアルイベントと比較すると途中退出がしやすいイベントです。しかし、展示会内にスタンプラリーやLIVEイベントなどのコンテンツを組み合わせることでユーザーの滞在時間を延長することが叶います。
また、バーチャル展示会ならではの演出もすることが可能で、ただ展示するだけではなく、様々なコンテンツを導入するとリアル開催のイベント以上の成果を得ることもできます。

バーチャル展示会で組み合わせると良いコンテンツ

①スタンプラリーシステム

リアル展示会でもよく行われているスタンプラリーと同様で、各展示にスタンプが押せるコーナーを設置し、展示を見ることでスタンプを集めることができるシステムです。
スタンプをすべて集めたときの特典を参加者にとってメリットとなる内容であれば、スタンプラリーの参加者の増加も見込めます。
加えて、回遊率も高くなるため目当ての展示だけでなく、より多くの展示を紹介する機会の提供にもなります。
VRスタンプラリーシステムイメージ
VRスタンプラリーシステム応募画面

②分解コンテンツ

普段見せることが出来ない商品の内部や構造を表示することが出来るコンテンツです。
文字や資料だけでは説明がしづらいものに対して、視覚化して分かりやすく理解促進が可能です。リアルイベントではサイズが大きすぎて会場に持ち運びこめないような機械の内部もバーチャルならではの特性を生かし展示することができます。
VR分解コンテンツイメージ

③ミニゲーム

展示のほか、シューティングゲームやクイズなどのミニゲームを導入することで、展示会自体に体験型の楽しさを加えられます。
ミニゲーム内に自社キャラクターや自社商品を登場させることで会社の認知向上につなげ、ゲーム終了後にクーポン等のインセンティブを表示させることで、自社商品への購買向上も期待できます。
VRミニゲームイメージ

まとめ

バーチャル展示会に相性の良いコンテンツの一部をご紹介しました。
様々なコンテンツを組み合わせることで、より参加者に楽しんでもらいながら、認知拡大や理解促進に繋がる内容にアップデートが出来ます。
本日ご紹介したコンテンツは、現在開催中のデジタルコミュニケーション展示会で体験が可能です!そのほか、ウィズコロナで成功するために必要なデジタルプロモーションの最新事例やソリューションを多数ご紹介していますので、是非お越しください。

イベント概要

       

Topics:お知らせ

       
アクア広報
written by アクア広報
   
   

Recommend

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511