イラストピック

OOH広告活用だけじゃない! アフターコロナにも最適なデジタルサイネージとは?

2021/10/04

前回コロナ禍でもできるバーチャル展示会の内部コンテンツ(https://www.aqua-star.co.jp/blog/virtual_exhibition_contents/)についてご紹介させていただきました。今回は、アフターコロナでも効果的なデジタルサイネージを使用したコンテンツをご紹介いたします。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、屋外・店頭・公共空間・交通機関などあらゆる場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報を発信するメディアのことを指します。主にOOH広告(Out Of Homeの略)での活用が有名ですが、その他にもインタラクティブコンテンツの導入など様々な利用が可能です。

メリット

① 幅広い場所で使用が可能

デジタルサイネージは屋外屋内に縛られず使用可能な媒体になります。また、静止画や動画、タッチパネルを活用した場合、視覚だけでなく聴覚、触覚などにアプローチし特別な体験を提供できます。

② アナログと比較して即時更新が手軽

デジタルサイネージは、紙ではなく電子媒体であるため、更新が早いといったメリットも挙げられます。これによって、ある特定の時間のみに限定の動画を流すなど、1つの情報に限ることなく、多くの情報提供が可能です。

③ 不特定多数の人にまとめてアプローチ可能

近年は、駅の構内や商業施設にサイネージが設置されていることも増えてきました。交通量か多い場所を利用することで、幅広いターゲットに対してまとめて情報の発信をすることが出来ます。また、設置済みのサイネージを使用することで準備や撤去といった作業工数の削減が叶い、機器の手配も必要なくなるため費用を抑えられます。

デジタルサイネージを使ったコンテンツ例

OOH広告利用

まず、街頭にあるサイネージを利用した広告利用が可能です。新宿駅付近で巨大ディスプレイに目の錯覚を利用した3D広告が話題になるなど、様々な工夫が施されてきています。SNSとの親和性も高く、目を惹くビジュアルにすることでSNS上での拡散も見込まれます。

インタラクティブコンテンツでの利用

動画を流すなどの活用のほかにデジタルサイネージは、ゲームや体験型のインタラクティブコンテンツを導入することで理解推進に高い効果が期待きます。文字では説明が難しく理解に繋がりにくい内容を、実際に体験して学ぶコンテンツやイベントの付加価値となるゲームコンテンツなど様々な方法での導入が考えられます。

下記はサイネージを活用し、かまぼこを食べたら、どのような栄養が身体にいい影響をもたらすのかを視覚化したコンテンツです。パンフレットや動画では興味を持ちにくい内容でも、体験型コンテンツにすることで興味のきっかけ作りになります。
デジタルサイネージ:かまぼこを食べたらどの栄養が身体にいい影響をもたらすか視覚化したコンテンツ

DXでの利用

デジタルサイネージは会社のDX化にも利用できます。社内の掲示物等をデジタル化しペーパレースの実施を行うだけでなく、社内の稼働率を掲示することで、社内リソースを見える化し、作業効率を上げることができます。また、店舗運営を行う企業では、店内にカメラを設置し、デジタルサイネージにて混雑状況や待ち時間の表示を行うコンテンツの導入も可能です。DXについて詳しくはこちら(https://www.dx-sentanken.com/

まとめ

今回、デジタルサイネージのメリットと活用方法の例をご紹介させていただきました。
OOH広告のイメージが強いデジタルサイネージですが、広告利用以外にも理解促進やDXなど今後も様々なシチュエーションでの活用が見込まれています。
現在開催中のデジタルコミュニケーション展示会では、サイネージを使用したコンテンツの実績を公開しています。そのほか、ウィズコロナで成功するために必要なデジタルプロモーションの最新事例やソリューションを多数ご紹介していますので、ぜひお越しください!

イベント概要

       

Topics:お知らせ

       
アクア広報
written by アクア広報
   
   

Recommend

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511