イラストピック

SNSで『バズる』!?イラストレーターを起用したインフルエンサーマーケティング

2021/11/17

SNSで『バズる』!?イラストレーターを起用したインフルエンサーマーケティング

最近、TwitterやInstagramで『#PR』と付いた投稿を見かけることはありませんか?

この#PRが付いている投稿は、企業から依頼を受け商品やサービス、企業のPRを行っているマーケティング投稿になります。インフルエンサーマーケティングと呼ばれており、SNS上で一定数のフォロワーがいるインフルエンサーに依頼し、PRを行うマーケティング手法です。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーは、影響や効果を意味する「Influence」を語源としており、タレントやモデルだけでなく、イラストレーターや特定の分野の専門家など、SNS上で大きな影響力を持っていればインフルエンサーに含まれます。 YouTuberやInstagrammer、TikTokerなどがインフルエンサーを指す言葉としてよく聞くと思います。

インフルエンサーは、フォロワー数によって5つに分類され、100万人以上がメガインフルエンサー、10万~100万人未満がミドルインフルエンサー、1万人から10万人未満がマイクロインフルエンサー、1000人~1万人未満がナノインフルエンサー・ライトインフルエンサーと呼ばれます。(※1)ナノインフルエンサーは特定の範囲で一定層の影響力を持っている人を指しますが、ライトインフルエンサーは、趣味や日常をつぶやく一般の方を指します。

インフルエンサー構造図
※1こちらの総称・分類は一例になります。メガインフルエンサーは有名人・著名人、メガインフルエンサーはトップインフルエンサー・マクロインフルエンサーと呼ばれることもあります。

今回は、インフルエンサーの中でも、イラストレーターを起用したインフルエンサーマーケティングについてご紹介いたします。

イラストレーターを起用したインフルエンサーマーケティングのメリット

① フォロワーが多く、拡散されやすい

インフルエンサーはたくさんのフォロワーを抱えています。そのため、単純にインフルエンサーに投稿してもらうだけでもそのフォロワーに発信したい情報が届き、拡散してもらえる可能性があります。また、そのフォロワーの多くが、インフルエンサーのイラストのファンであり、キャンペーンイラストに対してのRTやいいねなどの行動を誘発することも期待できます。

② 消費者目線でのレビュー発信に近く、購入につながりやすい

実際に商品やサービスをインフルエンサーに使用してもらい、マンガでその体験を発信してもらう方法も近頃よくみられます。インフルエンサーの実際の感想や使用感をマンガで表現しているので、言葉よりも目に留まりやすく、尚且つ消費者が知りたい近い目線のレビューで、購入意欲の向上につながりやすくなります。

③ よりターゲットを絞ったアプローチがしやすい

イラストレーターには、それぞれ得意なタッチや分野があります。男性受けするタッチでイラストを描かれる方や女性受けするタッチでマンガのみ描かれる方、それ以外にも料理を美味しそうに魅せるイラストが得意な方など様々です。また、Twitterでのみ発信されている方、TwitterもInstagramも利用されている方など利用媒体も差があります。
インフルエンサーを選ぶ際には、フォロワー数だけでなく、自社の商品・サービスに合うタッチで制作しているか、ターゲットとする年齢層のフォロワーがいるかどうか、事前にリサーチすることが重要です。

デメリット

① インフルエンサーに依頼できない場合がある

インフルエンサーもフリーランスとして活動されている方、エージェントに所属している方、本業は別のところにある方など様々です。そのため、大量のイラスト制作、長期間に及ぶ案件、短納期での制作などの依頼では引き受けていただけないこともあります。インフルエンサーによっては、Twitterのプロフィール欄やポートフォリオサイトに仕事の受付期間や納期の記載をしている場合もあるので制作を依頼する際は、必ずチェックしてからご連絡することをおすすめします。

② 制作スケジュール面でのトラブルが考えられる

個人で制作を行っていることが多く、様々な事情で制作が納期に間に合わないこともあります。制作を依頼する場合は、進行管理も行い、依頼だけで終わらせないことが重要です。事前にインフルエンサーとのすり合わせを行い、修正期間や制作物の進捗を加味した余裕のあるスケジュールの進行で不測の事態に備えることがトラブルなく円滑に進行するポイントです。

③ 炎上のリスクがある

炎上のリスクは、SNSを利用する場合どの施策にも考えられることです。SNSインフルエンサーを起用する場合、知名度が高いほど拡散スピードが速くなるため、その分炎上リスクも高くなります。特にインフルエンサーマーケティングにおいては特に「ステルスマーケティング」に該当しないよう、ルールを守った情報発信を行う必要があります。インフルエンサーに直接依頼する場合、依頼する側が高いリテラシーを保持し、責任をもってリスクヘッジすることが求められます。

どのアプリで行うのがより効果的?

SNSは様々な種類がありますが、イラストレーターのインフルエンサーを起用する場合は、TwitterとInstagramがより効果的です。Facebookは、コミュニティ内での交流を深めることを目的に使用している人が多い傾向にあります。それに比べ、TwitterやInstagramは、趣味を通じてのつながりが多い点や、不特定多数に手軽に拡散できるといった点でより『バズり』やすくなっています。また、TikTokもインフルエンサーマーケティング自体には向いていますが、投稿が動画のみの為、イラストレーターを起用したマーケティングには向いていません。

まとめ

  • フォロワーが多く、不特定多数に拡散されバズる可能性も高い。
  • 消費者に近い目線での投稿で、購買意欲の向上につながりやすい。
  • 依頼する際には、プロモーションの目的にあったインフルエンサーを起用するべき

いかがでしたでしょうか?
今回は、インフルエンサーマーケティングについてご説明しました!
インフルエンサーは多くのフォロワーを抱えていて、大きな影響力があります。しかし、その一方、話題になりやすいからこそ炎上のリスクも抱えています。依頼する側がしっかりと進行管理も含め、対策を行うことが求められます。
また、プロモーションの目的にあったインフルエンサーの起用も成功のための大きなポイントです。アクアスターではよりよいご提案を行うために、インフルエンサーのフォロワー属性の調査も行っています。年間60000点以上のイラスト制作を行うアクアスターの技術を生かし、イラストレーターのサポートやイラストレーター監修でアクアスターにて制作も可能ですので、是非1度ご相談ください。

関連イベント

12月14日(火)企業SNSのインプレッション数を3倍にしたプランナーが語るSNSウェビナー開催決定!
お申し込みはこちらから▼
SNSマーケティングに必要なクリエイティブの考え方

関連ブログ

インフルエンサーマーケティングのポイントはこちら▼
インフルエンサーマーケティングにおいてはフォロワー属性が最重要項目

インフルエンサー起用の際のポイントはこちらから▼
フォロワーは多い=良い。とは限らない!?

       

Topics:インフルエンサーマーケティング

       
アクア広報
written by アクア広報
   
   

Recommend

CONTACT

お電話の方はこちら

(営業時間:平日9:30〜18:30)

03-5550-8511